会員の方

まだ会員でない方

新規会員登録

取り扱い品目

  • ハードチーズ
  • セミハードチーズ
  • ウォッシュ系チーズ
  • フレッシュ系チーズ
  • ミルク・ヨーグルト
  • スイーツ

会社概要

有限会社 冨田ファーム

所在地
北海道紋別郡興部町宇津99-8
電話番号
0158-88-2611
FAX
0158-82-2640

チーズが出来るまで

全て手作りで仕上げるチーズ

  • 01 牛乳の搬入
    ステンレス製の蓋つきの缶で牛乳を運びます。運び込まれた牛乳は、搬入口で容器を移し変え、チーズバットに入れます。
    チーズバットは内鍋と外鍋の二重構造になっています。

    01 牛乳の搬入

  • 02 殺菌
    チーズバットの内鍋には牛乳が、外鍋にはお湯が入っています。
    このチーズバットで温度管理しながら、65度で30分間殺菌します。

    02 殺菌

  • 03 スターター添加
    殺菌が終わった牛乳が冷えたら、スターターを添加します。
    スターターとは発酵を開始させるための乳酸菌です。
    (特殊なカビを使うところもあります)

    03 スターター添加

  • 04 レンネット添加
    スターター添加後、PHメータ(酸性・アルカリ性の度合いを測るもの)で酸度を測り、レンネットを添加します。
    レンネットとは発酵した牛乳を固めるための酵素です。

    04 レンネット添加

  • 05 凝固
    写真ではわかりにくいですが、レンネットを添加してしばらく経つと、牛乳が次第に固まってきます。
    この固まった牛乳をカードと呼びます。

    05 凝固

  • 06 カッティング
    程よく固まったら、カードカッターという道具で細かくカットします。
    ゴーダチーズの場合はとうもろこしの粒くらい、モッツァレラチーズの場合は1センチ角くらいにカットします。

    06 カッティング

  • 07 攪拌
    カードをカットしながら静かに攪拌を続けていくと、カードとホエーが分離してきます。
    ホエーとはカードに含まれていた水分のことで、乳清ともいいます。

    07 攪拌

  • ゴーダチーズの作業工程に続く
  • モッツアレラチーズの作業工程に続く